Drip2ndメニューのご紹介

macallan.jpg

18世紀から製造を始め、1824年にハイランド地方で2番目の政府登録蒸留所となった名門蒸留所。シングルモルトのロールスロイスとまで賞えられているシングルモルトの最高峰。厳選されたシェリー樽で最低12年間熟成させた原酒のみを使用。もっともスタンダードなザ・マッカラン。

◆シングルモルトウイスキー 「ザ・マッカラン シェリーオーク12年」 の味わい
厳選されたシェリー樽で最低12年間熟成させた原酒のみを使用。 もっともスタンダードなザ・マッカラン。
ザ・マッカランを象徴する華やかでラグジュアリーな味わいが特徴のシェリーオークシリーズ。
自社で原木の選定から製樽まで徹底管理してつくられたシェリー樽で熟成された原酒のみを使用した贅沢な逸品です。
シェリー樽原酒由来のドライフルーツを思わせる甘みとかすかなスパイス、重厚で華やかな香りが特徴のシングルモルトウイスキーです。

◆発祥の地◆
~豊かな大自然とゆるやかな時間に満ちた地で~
昔もいまも変わることなくスペイサイドの美しい風景として溶け込んでいる、ザ・マッカラン蒸溜所。ここが、多くのコンペティションで№1となり、ハロッズのウイスキー読本で「シングルモルトのロールスロイス」と讃えられたザ・マッカランの故郷です。エルギンから南へ約20キロ。941号線がクレイゲラヒー村に入ってしばらくすると、英国一の急流で知られるスペイ川は浅瀬になります。岸辺の鉄道跡地が緑の遊歩道となる、村の対岸の木立の中。ザ・マッカランエステートで丁寧に育てられたミンストレル大麦を使い、ゆっくりとした時間に抱かれながら、ザ・マッカランは生まれるのです。

◆歴史◆
~頑固なこだわりは、約190年前から ~
すぐれたウイスキーづくりの地として名高いスペイサイド地方に所在する、ザ・マッカラン蒸溜所。ここは、1824年にハイランドで2番目に「蒸溜ライセンス」を取得し、合法的に蒸溜が行える政府登録蒸溜所として発足した、名門の中の名門です。蒸溜所の歴史はさらに古く、この周辺がまだマッカラン教区といわれていた18世紀初めには、すでにその名が知られていました。そして、クレイゲラヒーの浅瀬を渡って都会に牛を売りに行く牧童たちによって、マッカラン農場の<いのちの水>は徐々に広められ、評判となっていったのです。

◆製法◆
~厳しく抜いたものだけを,原料に。~
ザ・マッカランの原料となるものは、大麦、清涼な泉の湧き水、イースト菌のみ。麦芽は、専用につくられたものだけしか使用しません。製造過程を通じて使われる水は、ザ・マッカラン蒸溜所の近隣を流れるスペイ川のそばにある泉の湧き水です。長いあいだ山や渓谷を通じて濾過されてきたこの水は、軟らかくてピュア。そしてミネラル豊富で、イースト菌が麦汁を発酵させるのに最適です。

原材料・成分
モルト