Drip2nd-blog

Drip2ndとは 缶詰BAR レンタルスペース コンセプトは皆に愛される第二の家  場所 茨城県猿島郡境町721 2F イベント・パーティー・ミーティング・パフォーマンスに適したスペース。 境町道の駅近く(徒歩5分) キッチンもお貸しできる多目的レンタルスペース。 のブログです。

2015年04月

下町ハイボール 酎ハイ 暑いから350円にしちゃいます!!


▼ 下町ハイボ-ルとは

巷では今ハイボ-ルが大ブレイク。しかしここで取り上げるのは流行のウィスキ-ベ-スでは無く、日本古来の大衆酒である焼酎をベ-スとした所謂焼酎ハイボ-ルです。酒税法改正により価格的な垣根こそ取り払われましたが、その独特な味わいと心地良い飲み口はまだまだ追従許さず、孤高の世界を築いています。
 


 これが下町ハイボ-ル ! 元祖ハイと呼ばれる事も多い

◆ 定 義

甲類焼酎(出来れば25度) + 強炭酸 + 元祖の素をブレンドしたもの

※ 元祖の素とは天羽の梅を指す。他にも類似メ-カ-が多数存在、それぞれが風味を競い合っている。
※ 比率にこだわる傾向が見受けられるが、明らかにコマーシャリズムに毒されている。アバウトでよろしい。
※ 薄まるので基本氷は入れないが、入れて供する店もある。

◆ 歴 史

ハイボ-ルといえばウィスキ-をベ-スに炭酸を加えるのが正統派。しかし当時の酒税は舶来酒に対して多大な賦課徴収を課しており、ウィスキ-ハイボ-ルは庶民にとっては高嶺の花、つまり高級品であった。そこでコストの安い国産焼酎を使いいわば「代用品」として考案されたのが「焼酎ハイボ-ル=略して酎ハイ」であった。

炭酸を使った軽快な飲み口と手頃感の相乗効果で、酎ハイは瞬く間に下町を席捲、主役の座を射止めるに至った。やがてその人気に注目した中小飲料メ-カ-や大手チェ-ン店の力添いも加わって、全国に普及したと考えられている。

ただウィスキ-と違って無味無臭の甲類焼酎を使う為、炭酸だけでは味が単調で飲み飽きるのが欠点。そこで梅シロップを入れる等の様々な工夫が加えられ、その手法のひとつが「元祖の素」なる琥珀色の液体を入れる飲み方であった。それが現在の「下町ハイボ-ルまたは元祖ハイボ-ル」と称される、琥珀色に輝く飲み物の由来である。

発祥時期は昭和23年発売のホッピ-よりは新しいとされ、明確な出現時期の断定は出来ていない。店や地域にも諸説があるが、現在墨田区曳舟の三祐酒場が、もっとも有力な説として定着しつつある。

その下町ハイボ-ルが飲めるのは、やはり東京下町がメイン。都心部ではその存在すら知られていない。
当然中部関西などの大都市圏やその他の地域では、先ずお目にかかれない幻のハイボ-ルとして地位を確立している。

ただ近年、多店舗展開する首都圏居酒屋チェ-ンがこの下町ハイボ-ルに注目し、新たなメニュ-に加える店が増殖中。普及という観点からも喜ばしく、もし見かけたなら躊躇せずにオ-ダ-し、古に思いを馳せて頂きたい。




◆ 焼 酎

甲類焼酎をベ-スとし無味無臭無色が基本。中でも人気を誇るのが亀甲宮焼酎(キンミヤ)だ。このメ-カ-三重県で生産しているのだが、地元では「宮の雪」という日本酒メ-カ-として認知されており、焼酎メ-カ-としての知名度は東京下町の方が強い。

◆ 炭 酸

業務用炭酸を使ったり、自家製の場合ありと多種多様。日本の炭酸文化(清涼飲料水)は、元を辿るとウィルキンソン、三ツ矢など関西がル-ツなのだが、このようなリタ-ナブルビンを利用したスタイルは、東京の大衆酒場独自のものとなった。

ただ東京といえど配達や問屋の位置関係もあり、守備範囲は自ずと限られる。よって業務用炭酸メ-カ-(中小がほとんど)と、それを使う大衆酒場との位置関係は非常に密である。

◆ 元祖の素 琥珀色の液体

歴史ある下町酒場で琥珀色の正体を伺うと、ある時は業務用またある時は自家製と称する返事が返ってくる。(業務用に多少手を入れ自家製と呼ぶ場合もある) 自家製の場合、常連にすら「謎のレシピ」を解き明かしてはくれない。(店でレシピを聞くのはマナ-違反とされている)琥珀色にこだわる理由は言うまでも無く、ウィスキ-に似せた視覚効果を狙ったものとされている。

キンミヤ焼酎の魅力

キンミヤ焼酎は三重県の株式会社宮崎本店の甲類焼酎。クセのないスッキリとしたまろやかな味わいで、関東地方の下町居酒屋では割材として定番の焼酎となっています。添加物、増量剤などを全く使用していない甲類焼酎であるキンミヤ焼酎。クセはほとんどないのですが、ほんのりとした甘みも感じることが出来るので、そのままロックで飲んで頂いても美味しく頂けますよ。



キンミヤ焼酎のオススメな飲み方

下町の定番、キンミヤ焼酎のオススメの飲み方をご紹介します。


キンミヤ焼酎×ホッピー

キンミヤ焼酎×ホッピーもうキンミヤ焼酎と言えばコレですよね。ビールの代用品として広まったホッピー。今では気軽にビールを飲めるようになりましたが、昔はビールと言えば、庶民にとっては高値の華だったのですね。氷とキンミヤ焼酎の入ったグラスにホッピーを勢い良く注いで、定番の味を楽しんじゃいましょう。
kinmiyahoppy.jpg

町おこし Vol1」

そう!イベント情報です!!
地元の若い子達が地元を音楽で盛り上げたいという気持ちで主催してくれる事になりました


「町おこし Vol1」
@Drip2nd
2015.5.30 Sat
Open 20:00
Close 24:00
Day ¥1,000 1Drink

DJs:TKC//QZ//ILL田中///TOM-G//Mizky

G-RAP chicano LATIN EDM

主催者コメント
音楽で地元を盛り上げていければと思い境町Drip2ndにて不定期でやって行こうと思います^_^
音楽と酒に酔いながらみんなで騒いで楽しんじゃって下さい^_^
出演者、スタッフの方々と皆さんと盛り上がれるのを楽しみにしてます󾬆※振舞い酒放出します!!

昨日遊びに来てくれたお客様をパシャリ

キンキンビールで乾杯後、黒板にお絵描きもしてくれてましたww

その後、音楽で踊ったり歌ったりwww


また遊びに来てくださいね!お待ちしております!



sakumaibeer.jpg


sakumai5.jpg


sakumai3.jpg


Drip2nd 黒板 落書き 境町 キンキン 生ビール

Drip2ndはグラフィティ・ライター ダンサー DJ ラッパーを応援しています!!

久しぶりに遊びに来てくれました。
ジャンルは EDM と Chicano だそうです!!
イベントも近々あるとかないとか!?
あるんです!!!
連絡来次第告知いたしますので、こうご期待!


11115590_383732325144216_9121316274761007279_n.jpg


Drip2ndは、グラフィティ・ライター ダンサー DJ ラッパーはもちろんのこと、その他自分の道でがんばっている人達も応援させていただきます!!
境町の応援団Drip2nd

このページのトップヘ